////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << sv102.java >>
//
// サーブレット(0):Tomcat概説
//
//  Tomcatはサーブレットコンテナを持つWebサーバである。
//
// ●Tomcatのダウンロードとインストール
//  
// (1)Tomcat(たとえば、jakarta-tomcat-4.1.30)のダウンロード
//       http://jakarta.apache.org/
//        に接続する。Download欄の Binaries項目 をクリックし、
//    ファイル(jakarta-tomcat-4.1.30.zip)をデスクトップに
//    ダウンロードする。
//
// (2)インストール
//    ファイル(jakarta-tomcat-4.1.30.zip)を解凍する。
//     デスクトップにディレクトリ(jakarta-tomcat-4.1.30)が表示されるので、
//    中に含まれるディレクトリ(jakarta-tomcat-4.1.30)をc:に移動する。
//
// (3)環境変数の設定
//
//    つぎの3点を設定後、再起動する。
//
//    JAVA_HOME を c:\j2sdk1.4.2_05 とする。
//        CATALINA_HOME を c:\jakarta-tomcat-4.1.30 とする。
//        CLASSPATH に c:\jakarta-tomcat-4.1.30\common\lib\servlet.jar 
//          を追加する。 
//
//        c:\j2sdk1.4.2_05 はSDKをインストールしたディレクトリ
//        c:\jakarta-tomcat-4.1.30 はTomcatをインストールしたディレクトリ
//
//   ・環境変数:コンピュータ内であらかじめ定められた値で、コンピュータ上で
//    動作するすべてのプログラムから参照される。
//
//   ・Tomcatが正しくインストールされたかどうかの確認は、次のように行う。
//    (a)MS-DOSプロンプトを起動する。
//            c:\jakarta-tomcat-4.1.30\bin\startupでTomcatを起動する。
//    (b)Webブラウザを起動し、URLをhttp://localhost:8080/とする。
//            Tomcatのトップページが表示されたら正しくインストールされている。
//
// (4)サーブレットを保存するフォルダ(SV)を作成
//     フォルダ(%CATALINA_HOME%\webapps)の下にフォルダ(SV)を作成する。
//       %CATALINA_HOME%\webapps\SV
//     フォルダ(SV)の下に、フォルダ(WEB-INF)、その下にフォルダ(classess)を
//     作成する。
//          %CATALINA_HOME%\webapps\SV\WEB-INF\classes
//
//   ・フォルダ名SVは任意であるが、WEB-INF,classesは変えられない。
//
// (5)Tomcatにサーブレットを保存するフォルダ(SV)を登録
//    ファイル(%CATALINA_HOME%\conf\server.xml)を開き、
//    行(<!-- Tomcat Examples Context -->)の下に、次の行を追加する。
//
//    <Context path="/SV"
//                 docBase="SV"
//                 debug="0"
//                 reloadable="true">
//        </Context>
//
// (6)サーブレットを呼び出すHTMLファイルは、%CATALINA_HOME%\webapps\SVの下
//    に保存する。
//
// (7)サーブレット実行ディレクトリの設定。
//     ディレクトリ(%CATALINA_HOME%\webapps\SV\WEB-INF\classes)の下に
//     保存されたサーブレットが、http://localhost/SV/servlet/〜で呼び出せる
//        ようにファイル(%CATALINA_HOME%\conf\web.xml)を変更する。
//
//        <!--                                             
//            <servlet-mapping>                            
//            <servlet-name>invoker</servlet-name>       
//            <url-pattern>/servlet/*</url-pattern>      
//            </servlet-mapping>                           
//        -->                                              
//
//     から、<!-- と --> を削除する。
//
// (8)Tomcatの起動
//        MS-DOSプロンプトを起動し、%CATALINA_HOME%\bin\startup と入力する。
//
//    ・サーブレットを実行する前に、Tomcatを起動しておく必要がある。
//
// (9)Tomcatの停止
//        %CATALINA_HOME%\bin\shutdown と入力する。
//
// (10)サーブレット関係のファイルの場所
//
//      %CATALINA_HOME%\webapps\SV\HTMLファイル
//      %CATALINA_HOME%\webapps\SV\WEB-INF\classes\(.javaファイル)
//      %CATALINA_HOME%\webapps\SV\WEB-INF\classes\(.classファイル)
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////