////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << s103.java >>
//
//  Swing(0):フレーム(配置)
//
//  システムに関係する情報(画面の解像度など)はToolkitクラスを使って取得する。
//    Toolkitクラスは、java.awtパッケージに含まれる。
//
//  ●Toolkitクラスのメソッド
//    public static Toolkit getDefaultToolkit()
//      機能:デフォルトのツールキットを取得する。ツールキットには、システムの
//      情報が含まれる。
//    public abstract Dimension getScreenSize() throws HeadlessException
//      機能:画面のサイズ(幅:width 高さ:height)を取得する。
//
// ●java.awt.Componentクラスから継承したメソッド
//  public void setLocation(int x, int y)
//      機能:コンポーネントの左上隅を、座標(x,y)に移動する。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*; 
import javax.swing.*;

class s103 extends JFrame {

  /////////////////// 
  // コンストラクタ //
  /////////////////// 
  s103(String t) { 

    // 親クラスのコンストラクタを呼び出す。
    super(t);

    // 画面の大きさを調べる。
    Toolkit tk = Toolkit.getDefaultToolkit();
    Dimension d = tk.getScreenSize();

    // フレームの大きさを設定。
    this.setSize(d.width/4, d.height/4);

    // フレームの位置を設定。
    this.setLocation(d.width/2, d.height/2);
  }

  //////////////////
  // mainメソッド //
  //////////////////
  public static void main(String[] args) {

    // フレームの作成。
    s103 f = new s103("フレーム");

    // 「閉じる」ボタンがクリックされたとき、プログラムを終了する。
    f.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);

    // フレームの表示。
    f.setVisible(true);
  }
}
実行結果
% javac s103.java
% java s103