////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// << s121b.java >>
//
//  Swing(2):部品(ラベル)
//
//  短い文字列を表示する。
//
// ●javax.swing.JComponentクラスから継承したメソッド
//    public void setForeground(Color bg)
//      機能:部品の前景色bgを設定する。
//    public void setBackground(Color bg)
//      機能:部品の背景色bgを設定する。
//    public void setOpaque(boolean isOpaque)
//   機能:true の場合、部品はその境界内のすべてのピクセルをペイントする。
//      false の場合、部品はピクセルの一部または全部をペイントしないので、
//      その下のピクセルが透けて表示される。 
//            デフォルト値は、false。
//
// ●java.awt.Colorクラス
//  色のデータや操作が定義されているクラス。
//
//  ・Colorクラスに用意されている色
//   magenta:暗い桃色    black:黒  white:白     yellow:黄
//   darkGray:暗い灰色   gray:灰色   cyan:空色   blue:青 
//   lightGray:明るい灰色  red:赤    orange:橙  green:緑 
//   pink:明るい桃色        
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

import java.awt.*;
import javax.swing.*;

class s121b extends JFrame {

  ////////////////////
  // コンストラクタ //
  ////////////////////
  s121b(String s) { 

    super(s);

    // フレームからコンテンツペインを取得。
    Container c = this.getContentPane();

    // コンテンツペインのレイアウトマネージャをBorderLayoutに設定。
    c.setLayout(new BorderLayout(10,10));

    // ラベル1の作成。
    JLabel lab1 = new JLabel();
    lab1.setText("ラベル1");
    lab1.setForeground(Color.black);
    lab1.setBackground(Color.yellow);
    lab1.setOpaque(true);

    // ラベル2の作成。
    JLabel lab2 = new JLabel("ラベル2");
    lab2.setForeground(Color.red);
    lab2.setBackground(Color.pink);
    lab2.setOpaque(true);

    // ラベルをコンテンツペイン内に追加。
    c.add(lab1,BorderLayout.NORTH);
    c.add(lab2,BorderLayout.CENTER);
  }

  //////////////////
  // mainメソッド //
  //////////////////
  public static void main(String[] args) {

    // フレームの作成。
    s121b f = new s121b("フレーム");

    // フレームの大きさを設定。
    f.setSize(300,200);

    // 「閉じる」ボタンがクリックされたとき、プログラムを終了する。
    f.setDefaultCloseOperation(JFrame.EXIT_ON_CLOSE);

    // フレームの表示。
    f.setVisible(true);
  }
}
実行結果
% javac s121b.java
% java s121b