////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j512a.java >>
//
//  スレッド(1):スレッド(名前の設定と取得)
//
//  スレッドの名前の設定と取得を確認する。
//
//  (1)スレッド(Thread1)の定義。
//  (2)スレッドの作成。
//  (3)スレッドの名前を設定。
//  (4)スレッドの実行。
//  (5)スレッドの名前を取得。
//
//  ●Threadクラスのメソッド
//    public final void setName(String s)
//   機能:スレッドの名前をsにする。 
//  public String getName()
//      機能:Threadオブジェクトの名前を取得する。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

//(1)
class Thread1 extends Thread { 
  public void run() {
    String s = this.getName(); //(5)
    System.out.println("スレッド(名前:" + s + ")が起動しました");
  }
}

class j512a {
  public static void main(String args[]) {

    Thread1 th1 = new Thread1(); //(2)

    th1.setName("スレッド1"); //(3)

    th1.start(); //(4)

  }

}
実行結果
% javac j512a.java
% java j512a
スレッド(名前:スレッド1)が起動しました