////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//  << j512b.java >>
//
//  スレッド(1):スレッド(複数のスレッドの作成)
//
//  複数のスレッドを作成し配列に格納する。
//    作成されたスレッドには、識別するために自動的に、"Thread-"+n という名前が
//  つけられる。ただし、nは整数。
//    このことを確認する。
//
//  (1)スレッド(Thread1)の定義。
//  (2)作成するスレッドの個数nを設定。
//  (3)作成したスレッドを格納する配列thを準備。
//  (4)スレッドの作成。
//  (5)スレッドの実行。
//
// ●Threadクラスのメソッド
//  public static Thread currentThread()
//   機能:現在実行中のThreadオブジェクトを取得する。
//
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

//(1)
class Thread1 extends Thread { 
  public void run() {
    String s = Thread.currentThread().getName();
    System.out.println("スレッド:" + s + " 起動");
  }
}

class j512b {
  public static void main(String args[]) {

    int n = 5; //(2)

    Thread1 th[] = new Thread1[n]; //(3)
    for( int i=0; i<n; i++ ) {
      th[i] = new Thread1(); //(4)
      th[i].start(); //(5)
    }

  }

}
実行結果
% javac j512b.java
% java j512b
スレッド:Thread-0 起動
スレッド:Thread-1 起動
スレッド:Thread-2 起動
スレッド:Thread-3 起動
スレッド:Thread-4 起動